プロの料理人に教わる鯵のさばき方とは☆CHO-JIN食育学校料理部☆

スポンサーリンク




こんにちは!代表の加勢田です。

「プロの料理人に教わる!鯵のさばき方講座」開催しました!

食育学校3か月修了後も、定期的に集まれる場所が欲しい!
とのお声をいただき、発足したのがこの「料理部」

今回で2回目の開催となります^^

特別講師は、プロの和食料理人

今回も特別講師をお願いしたのは、和食料理人の田代秀人さん。

日本料理店を営む両親の元に産まれ 17歳から料理の道へ 日本料理、鉄板フレンチなどの経験を経て現在、表参道にある日本料理店にてchefを務める他、日本国内のみならず、海外にも引っ張りだこの人気シェフです^^

鯵のさばき方のレクチャースタート

まずは、シェフのお手本から♪
今回、ほとんどの方が鯵をさばくのは初めてとのことで、レクチャーが始まると同時に、スマホを持って撮影タイムです。

写真ではなく、動画で撮影している方がほとんど。目の前でプロの技を見ることができるのも、贅沢です^^

新鮮な鯵の見分け方は?

さばき方の前に鯵の選び方も教えていただきました。
目が澄んでいて、えらの裏が赤いものが新鮮なものだそうです♪
千葉県産の鯵を用意していただいたのですが、確かに目が見たことないくらいきれいな色でした♪(写真ではあまり伝わらないかもしれません 笑)

一人ずつ鯵をさばいていきます

一人一匹ずつ鯵をさばいていきます。簡単そうに見えるけど、いざやってみると難しい!シェフに助けを求める声が続出です 笑。

一人ひとり丁寧に、包丁の角度から教えていただき、みんなきれいにさばけていました♪

身がどんどん少なくなった方もいつつ、それはそれで楽しんでいました 笑。

味噌やゴマそしてアクセントに醤油を入れたたれに合え、きゅうりと大葉と一緒に盛り付けて完成です♪
夏にぴったりの一品ができあがりましたヽ(^o^)丿

完成したお料理と記念撮影♪

自分で盛り付けをした鯵のなめろうと記念撮影タイム♪
みなさん、盛り付けがとってもきれいでした♡楽しそうな笑顔に幸せな気持ちになります^^

青茄子と京揚げの煮びたし

続いて作ったのは、茄子と揚げの煮びたしです。
この煮びたしに使用した茄子がこちらの白い茄子。
青ナスと呼ばれる品種で、漬物などより加熱調理に向いている茄子だそうです。

一体どこで買えるのか、謎でしたが(笑)、普通の茄子でも作れるそうで一安心です。

こちらに京揚げを加え、あっという間に一品が完成!
コース料理に出てきそうな見た目ですが、だし汁があればすぐにできてしまうのが嬉しいです^^

食育学校料理部*今日のメニュー

◆メニュー◆
◇鯵のなめろう(みんなでさばきました♡)
◇青茄子と京あげの煮びたし
◇九条ネギのお吸い物(だしに塩だけのシンプルな味付け♪)
◇炊き立てご飯

なめろうは、ご飯にのせて、だし茶漬けとしていただきました♡これがおいしすぎて、箸が止まらず!

ご飯もおかずもみんなでおかわりしてお腹いっぱいいただきました♡

料理教室が終わったその日にご自宅で鯵をさばいたとのご報告をたくさんいただきました♪
即実践されるのはさすが食育学校の生徒さんです♪

最後はみんなで集合写真♪笑わせ上手のひろこさんのおかげでみんなが笑顔に♡

食育学校生徒さん、田代シェフ、楽しい時間をありがとうございましたヽ(^o^)丿

来月の部活も楽しみですね(⋈◍>◡<◍)。✧♡

===============

ニッポンジンの腸を大ソウジ!
CHO-JIN普及委員会 主宰
管理栄養士 加勢田 千尋

==============

 

食育学校お問い合わせはコチラ

◆腸の最新情報配信中♡ 友だち追加
ストアカ

管理栄養士 加勢田千尋

\日本唯一!腸の専門学校/CHO-JIN普及委員会

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

大学卒業後、クリニック・企業などで、乳幼児から大人まで幅広い年代に向け、3000人以上の栄養相談を行う。腸を元気にする食事法で、10kgの減量に成功する。さらに、アレルギーや、風邪を引きやすい体質に悩まされなくなる。 その経験を多くの人に伝える為、食事で腸が元気な人を増やすCHO‐JIN普及委員会を立ちあげ、腸の専門家として3か月食育講座主宰を務める。