海の目の前!化学調味料不使用の天然だしパック《三重県視察》

こんには。
ニッポンジンの腸を大ソウジ

CHO-JIN普及委員会
代表のちひろです。


桜が咲き始めて
ぽかぽか陽気になってきた3月末

 

食育学校の修学旅行実施に向けて、
三重県まで視察に行ってきました!!!

 

案内してくださったのは、
日本全国の地域コーディネートをしている小地沢さん。

 

なんと!
1年のうち200日は出張で、
世界76周分の距離を移動したのだそう!
(ガイドさんよりも詳しいです!)

 

そして、
食育学校1期生の久美子さんと、
3期生のえつこさんも一緒です♪

 

化学調味料不使用の天然だしパック!
《浜甚水産部》さんに訪問

小地沢さんのご案内のもと、
三重県北牟婁郡にある
《浜甚水産部》さんに到着。

 

目の前は海!!

水揚げされた魚を
新鮮なまま加工場に運ぶことができます。

 

 

うまみを逃がさない加工方法

加工場に入り、
まず見せていただいたのが
魚を茹でる窯。

 

生のまま魚の頭をとり、
素早く加熱することで
うまみを逃がさないようにしているのだとか。
(この方法はとても手間がかかるので、実施しているだし工場も少ないそうです)

 

丁寧に丁寧に乾燥させる

次に見せていただいたのが、
この魚たち。

 

季節ごとに旬の魚を
だしに使用しています。

香燻という作業で、
手作業で火をくべて
香りづけをします。

 

温度や湿度、
魚の種類に合わせて
細心の注意を払いながらの乾燥作業。

何気なく口にしていたものが
こうして手をかけ、
時間をかけられて
作られているかと想うと
日々の食事への意識が変わってきます。

 

森を育てながら食を作る

浜甚さんのお話しの中で、
特に印象に残ったのが、
乾燥に使用している
《尾鷲ヒノキ》

 

良質で香り高い
ヒノキなのですが
浜甚さんでは、
1本の木を切るごとに
また新しい木を植え、育てています。

森を育てながら
食を作っていく。

 

生産者さんならではの、
素晴らしい考え方に触れ、

改めて食についての
考え方が変わった出来事でした。

 

楽天でも購入できます♪

見学後はだしパックを大量に購入!
(写真には映っていないですが、16個購入しました^^)

 

こだわり抜いた素材や製法なのに、
お手頃価格なのも浜甚さんの魅力。

 

三重県まではなかなか行けないという方は、
楽天でも購入できますので、
ぜひ検索してみてくださいね。

浜甚水産部の皆様、
お忙しい中ありがとうございました!!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧